診療時間
午前 ○ ○ ○ × ○ △
午後 ○ ○ ○ × ○ △

受付時間
午前 09:00~12:30
午後 14:30~19:00
△土曜のみ09:00~17:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日

詳細はこちら詳しくはこちら

アクセスマップ

〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-8-10
JR京浜東北線「北浦和」駅東口より平和通り徒歩2分

詳細はこちら詳しくはこちら




診療内容

トップページ > 診療内容

診療疾患

ぶどう膜炎(虹彩炎を含む)

ぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜からなり、とても炎症の起きやすい組織です。
ぶどう膜炎は感染症や免疫異常など様々な原因で生じ、全身疾患と関連するものもあります。
ベーチェット病やサルコイドーシスのように国から“難病、特定疾患”の指定を受けたものもあり、診断・治療および管理の難しい病気です。
突然の充血・眼痛・羞明で発症する急性のタイプや、初期には自覚症状の出にくい慢性のタイプがありますが、早期の的確な診断と理にかなった治療計画が視機能の維持のために大切です。

緑内障

緑内障とは、健常眼圧を超えた眼圧のために、視神経の視神経線維が圧迫され、視神経節細胞が死滅しその結果、機能的・器質的な視覚障害をきたした状態をいいます。
日本において40才以上の約20人に1人、約400万人が緑内障患者とされています。中途失明の原因としては第1位を占めています。また、従来から言われている眼圧が高いタイプだけではなく、正常眼圧緑内障という眼圧が正常なタイプの緑内障もあり、何と日本人の緑内障患者の約7割を占めています。
緑内障は、徐々に視野障害が起こります。しかし、実際には、ほとんど末期に至るまで自覚症状はありません。20~30年とかかってゆっくりと進行する場合が多く、気付いた時には手遅れとなることがあります。早期発見、早期治療が望まれます。
緑内障は、大きく分けて、開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の二つのタイプに分けられます。
閉塞隅角緑内障では、投与すると眼圧が急上昇し緑内障の急性発作を起こす薬剤があり、また、内視鏡検査等を受ける際にも注意を要します。

白内障

物を見るとき、眼をカメラに例えればレンズの部分にあたる水晶体が濁り、それによって視力が低下する病気を、白内障と呼んでいます。50歳から年齢とともに発症する割合が増加してきます。
進行の程度には個人差があり、視力低下を伴う場合やまったく視力低下を自覚しない場合など様々です。視力低下、羞明、単眼複視あるいは霧視で白内障に気がつくことが多いのですが、屈折の変化(近視化)が初発症状のこともあります。
早期においては、進行を遅らせる目的で点眼液を使用することもありますが、基本的には手術で治す病気です。日常生活が不自由になった時が手術時期ですが、実際に手術に踏み切る時期には個人差がありますので医師と十分に相談の上で決めることが大切です。

網膜疾患

・糖尿病網膜症 ・網膜静脈閉塞症 ・加齢黄斑変性症 ・黄斑円孔 ・網膜裂孔 ・黄斑上膜

結膜疾患

・結膜炎 ・アレルギー性結膜炎 ・アトピー性角結膜炎 ・春季カタル ・巨大結膜乳頭炎
・フリクテン性角結膜炎
・ウイルス性結膜炎(流行性角結膜炎)
・翼状片

角膜疾患

・ドライアイ ・コンタクトレンズに関係した角膜障害 ・角膜ヘルペス ・角膜異物
・老人性内反症による角膜障害 ・外傷による角膜障害 ・角膜上皮炎

視力の相談

・メガネ、コンタクトレンズ処方
お一人お一人個別に相談し、患者様にあった処方を行います。

わからない事があれば、何でもご相談ください。お問合せ電話番号048-841-8819

このページのトップへ戻る